FC2ブログ

横浜建設業青年会

横浜建設業青年会へようこそ。 当会のブログでは活動の報告や予定をお知らせしていきます。

第2回 黒岩神奈川県知事懇談会

第2回 黒岩神奈川県知事懇談会を開催致しました。


今年も事務局である横浜建設業青年会が中心となり、神奈川県建設業青年団体連絡協議会6団体 計47名もの会員の方に御参加頂き、会食形式の懇談会を行いました。

黒岩神奈川県知事との記念撮影
黒岩神奈川県知事との記念撮影

横浜建設業青年会と黒岩県知事の懇談会風景
横浜建設業青年会と黒岩県知事の懇談会風景

黒岩県知事 総評挨拶
黒岩県知事 総評挨拶

また、黒岩神奈川県知事との懇談会も2回目ということもあり、非常に良い雰囲気の中、第2回黒岩神奈川県知事懇談会を終えることが出来ました。

各団体ごとに熱い思いを黒岩神奈川県知事にお伝えすることができ、来年度に繋がる懇談会になったと思います



スポンサーサイト



オープン例会を開催しました

11月14日(金)
18:00より
横浜建設会館にてオープン例会を行いました

冒頭の会長挨拶
オープン1

講演会では
株式会社リクルートキャリアより
狩野美鈴様
秋山智美様
をお招きして「人材の採用~定着~育成」
に関してお話をいただきました
o-pun.jpg

前半は採用に関しての成功事例や面接の方法に関して

後半はグループに分かれてディスカッションを行い
o-punn5.jpg

人材の採用をするべく自社の魅力・強みに関して話し合いました

頭山副会長による謝辞
o-pun6.jpg
笠原副会長の閉会挨拶
o-punn6.jpg
集合写真
o-punn7.jpg



参加された皆様ありがとうございました

事業特別委員会 濵崎




平成26年度 横浜市長懇談会 

平成26年度 林文子横浜市長懇談会を開催致しました。

今年は坂和建築局長にも御同席頂き、『これからの横浜市における若年者雇用について』をテーマに、横浜市庁舎応接室にて行われました。

林文子横浜市長との記念撮影
林文子横浜市長との記念撮影


横浜建設業青年会 大藏会長挨拶
横浜建設業青年会 大藏会長 開会の御挨拶


懇談会風景
懇談会風景


若年者雇用について熱弁される林文子横浜市長
若年者雇用について熱弁される林文子横浜市長



横浜建設業青年会の最新の活動PRをさせて頂いたところ、非常に良い反応を示して頂きました。

今年も非常に和やかな雰囲気の中、来年度に繋がる横浜市長懇談会となりました。

来年の市長懇談会でも良い報告を出来るよう日々の会活動に力を入れていきたいと思います。

2014研修旅行in愛媛に行ってきました

11月15日(土)~16日(日)
 愛媛県西宇和郡・四国電力株式会社 伊方発電所及び、南予地方局発注の八幡浜道路千丈トンネル建設工事現場の視察に行ってきました。

 最初の場所は、四国電力株式会社・伊方原発所ビジターズハウスに到着!!

              ヨンデン
ヨンデン資料より

 ガイドさんに案内され3D映像を見た後は模型の方へ案内され、原子力発電のしくみについてお話を聞きました。

            
             模型2
原子炉格納容器

 初めて見るものばかりで、全員ガイドさんのお話を真剣に聞いていました!!

             しくみ資料
ヨンデン資料より

 バーチャル体験とガイドさんのわかりやすい説明で、原子力発電のしくみについて貴重な体験ができました。
ブログ大

                   

 続いて向かったところは、八幡浜道路千丈トンネル建設工事現場

トンネル朝礼
 こちらのトンネルは1809mというなが~~~いトンネルとなっております。中に入る前に、こちらのトンネルの工事内容や使用機械、施工する工法などの説明を受け、いよいよ中へ入っていきます。トンネル資料合成

車で車両回転場まで走り、そこからは徒歩で見学開始です。
まとまりブログ用


 土木試験でしか聞いたことの無かった、【NATM】工法が見れました。発破掘削も見てみたかったです・・・。その他にも、普段見れない高価な重機なども置いてあり、なんだか子供の頃に乗用車や消防車を見て喜んでいたような気分になってしまいました。
トンネル内集合


トンネル外集合


 この長い工期の中で、大きな災害はないというお話を聞き、現場で働く人達の一体感を感じることができました。休工日の土曜日ではありましたが、私達に笑顔でガイドしてくださった、
八幡土木事務所・ご担当者様
西松・東急・四国通建共同企業体の皆様

本当に貴重な体験ありがとうございました。

我々青年会メンバー全員で災害ゼロで工事完了できることを願っております。     
                                                  
                                                           JVマスコット


 長時間の二つの研修をしてきましたが、普段触れることができないこともあり、メンバー全員良い表情で思い出のページを作ることができました。